未分類

顧問弁護士の選び方

顧問弁護士は弁護士が必要な状況にならなければ無駄などと思っている方も多いのですが、顧問弁護士が控えてくれているからこそ大胆な戦略をする事ができたり、安心して仕事に集中できるといった事もあります。

 

保険などと一緒で、転ばぬ先の杖としての役割もありますので、事業が大きかったり小さかったりと仕事の規模に関係なく顧問弁護士を付けている所が増えています。顧問弁護士を選ぶためには、自分の会社にとってよい顧問弁護士に依頼する必要があります。

 

その為、顧問弁護士の選び方が重要になってくるのですが、意外に顧問弁護士を選ぶのは難しくなっております。最も単純に顧問弁護士を選ぶ場合には、これまでの実績を重視する事です。弁護士はそれぞれ得意分野が存在しています。離婚調整に強い弁護士や相続に強い弁護士、傷害事件に強い弁護士など弁護士によって得意としている分野が違っております。

 

その中でも企業法務経験のある弁護士の中から実績のある弁護士を選ぶのが最も失敗の少ない顧問弁護士の選び方だと言えます。また法務経験があっても、IT系なのか、製造業なのかによって細かく分野が変わってきますので、自分の会社と同じような企業の法務経験のある弁護士を雇うのがとても重要になってきます。

未分類

訴訟などの問題

顧問弁護士を依頼していると全てお任せできると思われるかも知れませんが、顧問弁護士との契約はあくまで日常の法律相談であったり経営のアドバイス、後は簡単な契約書のチェックなどの法律事務のみの契約になっている法律事務所が殆どです。その為、全ての案件を月額の顧問料だけで賄ってくれるというわけではありませんので注意してください。

 

基本的に契約内容から大きく逸脱してしまうような案件に関しては別途弁護士費用がかかるようになります。それらの多くが訴訟対応など規模が大きかったり、時間が取られるような案件になります。訴訟問題などの場合には、たとえ顧問弁護士だったとしても顧問弁護士の事務所で決められている報酬規定に従って、弁護士の着手金や報酬金などの弁護士費用を支払わなければ行けません。

 

しかし一般的な顧問弁護士との契約の場合には、顧問弁護士の事務所で決められている報酬規定の金額よりもかなり割り引いた金額で受けてもらえる所もあります。それぞれの弁護士事務所によって割引金額はことなりますが、一般的な依頼と比べて10パーセントから30パーセント程度の割引はしてもらえます。その為、顧問弁護士契約よりも大きな案件もお得にお任せする事ができるのです。

未分類

顧問弁護士のメリット

顧問弁護士を付けているメリットとして最も大きいのが、企業がかかえている日常的な業務内容であったり、これから行う事業などの法的問題についていつでも気軽に相談できるという事です。顧問弁護士を雇っていないような場合には、お金が勿体ないと思ってしまい、相談するのをためらってしまったり、相談する時も事態が深刻になってからの場合などもあります。

 

弁護士が必要な案件は時間が経てば経つほど状況が悪化してしまう事も多く、初期段階で相談できれば被害を最小限にする事ができたような場合もありますので、事前に被害を最小限にする事ができるのはかなりのメリットだと言えます。

 

また顧問弁護士を付けるメリットとして大きいのが、企業に合わせたアドバイスをしてもらう事ができるという事です。いきなり弁護士に依頼する場合には、こちらの状況をしっかりと理解できていない状態での相談ですので、一般的なアドバイスしかもらえない場合もありますが、顧問弁護士でしたら、常日頃から会社の内情を理解してくれていますので、会社の経営方針や置かれている状況に合わせた適切なアドバイスを受ける事ができます。もちろん優先的に相談に乗ってもらえますので、いつでも助けになってくれるという安心感があります。

未分類

顧問弁護士とは

日本でもアメリカ程ではありませんが、色々と裁判沙汰になるケースが登場しています。また、ビジネスを広げる時などに法律的な問題が無いか判断が難しい場合などは、やはり専門家の意見を詳しく聞きたいという場面も多くなってきています。その為、最近では日本でも顧問弁護士を雇う企業が増えてきています。

 

そもそもこの顧問弁護士とはどのような存在なのかというと、会社が法的なトラブルに巻き込まれないように事前にアドバイスしたり、法的なトラブルになった時に最前線に立ってトラブルを解決してもらうために雇っている弁護士です。これまでは顧問弁護士を雇うとどうしても費用の面で嵩んでしまうという事もありましたし、以前はこれほど弁護士を必要とする案件が無かった為、必要になった時に弁護士に相談するようなスタンスの会社が多かったのですが、最近では起業間の訴訟が多かったり、いざトラブルに巻き込まれてしまった時に有能な弁護士に依頼しようと思っても忙しくて相手をしてもらえないなどの問題点もあり、ある程度の大きな企業のほとんどは顧問弁護士を入れています。

 

しかし、中小企業を経営している方の中には、顧問弁護士を入れる必要が無いと考えて居たり、顧問弁護士を入れるメリットが思い当たらないと思っている方もいらっしゃると思います。そこでこちらのページでは、顧問弁護士を利用するメリットなどを中心に、これからの将来における顧問弁護士の重要性をご紹介して行きます。