顧問弁護士の選び方

顧問弁護士は弁護士が必要な状況にならなければ無駄などと思っている方も多いのですが、顧問弁護士が控えてくれているからこそ大胆な戦略をする事ができたり、安心して仕事に集中できるといった事もあります。

 

保険などと一緒で、転ばぬ先の杖としての役割もありますので、事業が大きかったり小さかったりと仕事の規模に関係なく顧問弁護士を付けている所が増えています。顧問弁護士を選ぶためには、自分の会社にとってよい顧問弁護士に依頼する必要があります。

 

その為、顧問弁護士の選び方が重要になってくるのですが、意外に顧問弁護士を選ぶのは難しくなっております。最も単純に顧問弁護士を選ぶ場合には、これまでの実績を重視する事です。弁護士はそれぞれ得意分野が存在しています。離婚調整に強い弁護士や相続に強い弁護士、傷害事件に強い弁護士など弁護士によって得意としている分野が違っております。

 

その中でも企業法務経験のある弁護士の中から実績のある弁護士を選ぶのが最も失敗の少ない顧問弁護士の選び方だと言えます。また法務経験があっても、IT系なのか、製造業なのかによって細かく分野が変わってきますので、自分の会社と同じような企業の法務経験のある弁護士を雇うのがとても重要になってきます。