顧問弁護士とは

日本でもアメリカ程ではありませんが、色々と裁判沙汰になるケースが登場しています。また、ビジネスを広げる時などに法律的な問題が無いか判断が難しい場合などは、やはり専門家の意見を詳しく聞きたいという場面も多くなってきています。その為、最近では日本でも顧問弁護士を雇う企業が増えてきています。

 

そもそもこの顧問弁護士とはどのような存在なのかというと、会社が法的なトラブルに巻き込まれないように事前にアドバイスしたり、法的なトラブルになった時に最前線に立ってトラブルを解決してもらうために雇っている弁護士です。これまでは顧問弁護士を雇うとどうしても費用の面で嵩んでしまうという事もありましたし、以前はこれほど弁護士を必要とする案件が無かった為、必要になった時に弁護士に相談するようなスタンスの会社が多かったのですが、最近では起業間の訴訟が多かったり、いざトラブルに巻き込まれてしまった時に有能な弁護士に依頼しようと思っても忙しくて相手をしてもらえないなどの問題点もあり、ある程度の大きな企業のほとんどは顧問弁護士を入れています。

 

しかし、中小企業を経営している方の中には、顧問弁護士を入れる必要が無いと考えて居たり、顧問弁護士を入れるメリットが思い当たらないと思っている方もいらっしゃると思います。そこでこちらのページでは、顧問弁護士を利用するメリットなどを中心に、これからの将来における顧問弁護士の重要性をご紹介して行きます。